医療法人社団兼誠会つかぐち病院 看護部サイト

看護部について

ABOUT

看護部の特徴

  • #
  • 看護体制 地域ケア病棟 13:1
    医療療養病棟 20:1
    一般病棟 10:1
    看護単位 地域ケア病棟 1
    医療療養病棟 2
    内視鏡センター 1
    外来 1
    看護方式 チームナーシング
    勤務体制 【2交代制】
    日勤 8:30~17:00
    夜勤 16:30~9:00 夜勤
    地域ケア病棟:看護師2名
    医療療養病棟:看護師2名、看護補助者2名
  • 医療療養病棟の特徴

    医療療養病棟は、治療が終了したあとも引き続き医療管理を必要とする方や、急性期を脱して病状が安定し、慢性期の患者様を代表とした病棟です。 個々の患者様の容態に合わせ、日常生活の援助や医療ケア、リハビリテーションなどを提供していきしつつ、患者様が安心して地域での生活に戻っていけるよう、退院調整も行っています。院内・院外含めた多くの職種との連携が重要となります。

  • 地域包括病棟の特徴

    地域包括ケア病棟は、急性期治療を経過し、症状が安定した患者様に対して、在宅生活や介護施設への復帰を目指した医療や支援を行っていく病棟です。患者様が安心してスムーズに自宅や介護施設での生活を始められるよう、患者様ご自身やご家族などに、必要な指導や退院支援を行っています。患者様には独居の方や高齢者が多いため、その方の認知度や ADLを理解し、多職種で情報共有しながら適切な支援を検討し、実施しています。

総師長挨拶

  • 総師長 朝崎美恵子
  • 看護とは、心から人を思うこと

    当院は一般・地域包括・療養の各病床を有する地域密着型の病院です。信頼される病院であるべく、協力して日々の業務に携わっています。 さて、これから看護師になる方々に心に留めていただきたいのは、「看護とは、心から人を思うこと」だということです。『自己の思いが言葉となり、それが態度に表れ、真心の看護を受けた患者は生きる希望を見い出せる』と言われるように、表向きは丁寧でもそこに人に対する思いがなければ、真の看護ができているとは言えません。 本当の思いに根ざした「ほんまもんの看護」。ぜひそれを身に着け、活躍できる看護師になってほしいと思います。総師長 朝崎美恵子

師長挨拶

  • 中川師長

    お互いに認め合い、助け合える職場づくりを目指して

    患者様に穏やかな入院生活を送っていただくためには、あたたかく、思いやりの心で接することが大切だと思います。そのために、スタッフ同士が認め合い助け合える、笑顔の職場づくりを目指しています。 幸い、明るく良い職場ができていると感じる近頃。新人の方にも、ぜひこの環境で、看護の魅力を感じてほしいと思います。中川師長

  • 万代師長

    笑顔で楽しく働くことが、心温まる看護につながるはず

    師長の仕事は多々ありますが、一番重要なのは、皆が楽しく働ける職場作り。そのために、何でも話せる雰囲気作り、助け合える関係作り、そして切磋琢磨して成長できる環境作りを大切にしています。 楽しんで働くことが、ひいては患者様にとって心温まる看護につながるはずです。一緒に働く仲間をお持ちしています。万代師長

  • 本山師長

    退院支援、入院生活の支援、どちらも患者様に寄り添う大切な仕事

    家族と暮らす方から老老介護、独居まで様々な方がいる今、安心な自宅生活につなげる退院支援は、看護師の重要な仕事です。主治医を中心に多職種と連携し、個々に合わせて必要な調整を行っています。 もちろん入院生活の支援も大切な仕事。患者様に愛情を持って寄り添えるよう、スタッフの教育と環境作りに尽くしています。本山師長

  • 堀師長

    病院の顔としての自覚をもって職務にあたる

    私は以前より、外来看護師は病院の顔と考えています。患者様に接する時間は限られていますが、だからこそコミュニケ―ション技術が必要ですし、安心していただける対応が大切と考えています。 私たちのありかたが、そのまま病院の印象になります。患者様やご家族に寄り添い、サポートに力を尽くしていきましょう。堀師長